皆神神社(みなかみじんじゃ)

どうも!yamabeです。(^^)

皆さんをスピリチュアルの世界へとお連れします!(笑)

実はあまり教えたくはないパワースポットなのですが、
思い切って教えちゃいましょう!

長野市松代町にある皆神山の「皆神神社」。

松代町といえば“大本営舞鶴山地下壕跡”があるところ。
皆神山はすぐ隣に位置し、実は地下で繋がっているとの噂も!

皆神山は世界一古いピラミッドと言われ、
“松代群発地震”の震源地でもある。

地震は1965年に始まり、約5年半もの間続き、
その間、発光現象が起こったことが記録されている。

毎年5月5日には、地元自治会により「ピラミッド祭り」が開催される。

皆神神社ピラミッド参道入り口。

離れた場所から撮った皆神山。
多分、昔はピラミッド型をしていて陥没したのではないか?!

皆神山参道を登って行く途中にある「岩戸神社」。
ピラミッドの入り口という説がある。

御祭神は天照皇大神。(皆神山ピラミッドの入り口と言われ・・・と書かれている。)

入り口は狭く真っ暗。
以前、この入り口で写真を取ろうとしたら、フル充電してきたはずのコンデジが、
急に充電なしの状態になって、シャッターが切れないという現象がw
これも何らかの磁場の影響なのか? iPhoneだとOKでした。

中に入ると、一面が巨大な岩石で囲まれている。その奥がピラミッドの入り口なのか?

神社の真上には、不思議な形の祠が並ぶ。

頂上まで登って行くと、皆神神社に着く。
皆神神社・随神門。

随身門をくぐると正面に「侍従(じじゅう)神社」。

侍従(じじゅう)神社には、ここで修験道を完成させた実在の人物、
「侍従大神(じじゅうおおかみ)」が祀られている。

侍従神社の西側には、侍従大神(じじゅうおおかみ)のお墓が、夫婦でお祭りされている。

境内には様々な神社や祠がある。
皆神と言われるくらいなので、たくさんの神々が集まっている。

熊野出速雄神社。御祭神は出速雄命(いずはやおのみこと)。
そのほか伊邪那岐命、伊邪那美命など、脇座にお祀りされている神さまも含めて計7柱。

天地カゴメ之宮。

天地カゴメ之宮建立由来。神宮一二三とは何者か?

出口王仁三郎が残した碑。

御神木「ヒムロビャクシン」。樹齢1200年。

磁場の影響で太い幹がグネグネと色々な方向に曲がっているといわれる。

周辺の木も、不自然に曲がっている。

さらには「富士浅間神社」。

浅間神社の裏には謎の穴。結界が張られている。

また、境内のあちこちにある穴に結界が張られている。

とまあ、他にはない不思議な神社です。
どうも特殊な磁場が形成されているらしいので、
感じやすい方は、注意が必要のようです。

ここはちょっと前までは、ゴルフ場があった場所。
なぜにこんな狭い場所にゴルフ場を作ったのか謎です。

神社をぐるっと囲むようにゴルフコースだったと思われる名残が残っている。

とにかく、不思議だらけの神社「皆神神社」。
勇気のある方は!是非行ってみては?( ̄ー ̄)

インフォメーション
皆神神社
長野市松代町豊栄5464-2
アクセス:上信越自動車道「長野IC」から車で約30分。
駐車場:神社周辺に何箇所かあります。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッとな(^-^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

スポンサードリンク