諏訪大社上社本宮(前編)

どうも!yamabeです。(^^)

以前紹介した諏訪大社上社前宮
今回は「諏訪大社上社本宮」の紹介です。御祭神は建御名方神(タケミナカタノカミ)。

我が国最古の神社の一つと言われていて、全国一万有余の諏訪神社の総本社。

松本から車で約1時間ほどで、前宮からは車で約5分ほどと近い位置にある。

東側の駐車場。いつもここに止める。

東参道鳥居(正面から入る場合は大鳥居がある)

東参道の手水舎。

入口御門。長い廊下のようなところを抜けていく。

御門の右脇には本宮二之御柱と大欅。

御門を入ると、摂末社遥拝所を左に見ながら拝所へ。

本宮本殿のすぐ横に位置する“四脚門”

上社本宮・拝所への入口。

苔の手水舎。

拝所。

拝所からみた諏訪大社上社本宮。

拝殿の右手にある勅願殿(ちょくがんでん)。
諏訪大神の御神霊が宿る守屋山(御神体山)に向かい建てられている。
私的な祈願をする場所とのこと。個人的にはこちらがメインだと考えている。

授与所

後編へ続く。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッとな(^-^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

インフォメーション
諏訪大社上社本宮(前編)
松本から車で約1時間。
周辺には諏訪大社上社前宮神長官守矢史料館などがある。

スポンサードリンク