永平寺(後編)

どうも!yamabeです。(^^)

福井県・曹洞宗大本山「永平寺」後編です。

永平寺は寛元二年(1244年)に道元禅師によって開かれた座禅道場で、
四方を山に囲まれた深山幽谷の地に、大小七十余りの建物が並んでいます。

禅宗寺院では、特に主要な伽藍として、
法堂、仏殿、僧堂、庫院、山門、東司、浴室を指して「七堂伽藍」と呼ぶそうです。

前編では、法堂、仏殿等を紹介しました。
後編では、仏殿、庫院、山門、東司等を紹介します。

朝晩お勤めが行われる仏殿。(正面)

仏殿を別な角度から。

大庫院。食事を司る典座寮をはじめ、永平寺を維持管理する多くの部署がある。

地下一階地上四階の木造建築で、正面に韋駄尊天が祀られている。

大庫院の模型。

仏殿の下の中雀門から山門を写す。

山門へと降りる長い階段。

山門。七堂伽藍の中で最も古い寛延二年(1749年)に建てられた。

山門から中雀門を写す。

山門の両脇に仏教の守護神・四天王が安置されている。

北方・多聞天王

東方・持国天王

西方・広目天王

南方・増長天王

大祠堂殿。宗派を問わず、一般の方々の納骨や供養など法要が毎日行われている。

大祠堂殿前の庭。左の塔が写経を納める報恩塔(納経塔)。

東司(お手洗い)を守護する「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」。(トイレの神様w)

売店で売っているTシャツw

観光地化しているとはいえ、歴史の重みを感じられる寺院でした。
宗教や宗旨を問わず、一度は訪れたい場所である。

混みぐらいにもよりますが、順路に沿ってゆっくりと見学して、
約40分ぐらいかかると思います。

一度訪れてみては?

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッとな(^-^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

インフォメーション
曹洞宗大本山永平寺
営業時間
8:30~17:00
年中無休

福井県吉田郡永平寺町志比
*松本からは車で最速ルートで約4時間半。

スポンサードリンク