松本民芸館(後編)

どうも!yamabeです。(^^)

それでは、松本民芸館(後編)です。

前回は、1階を観覧して2階の階段を登るところまででした。
2階に上がると・・・。

様々な手毬が並んでいます。

きれいに透き通る花瓶やグラス

故丸山太郎氏が制作途中の作品

故丸山太郎氏の道具箱

建物の構造にも注目

正面にはずらりと十王像が並んでいる

十王像

用箪笥、文庫箱、茶箪笥が並ぶ

ここから2階から1階へ降りる階段

ここから1階展示スペース

ユニークな形の照明

客間だろうか?

ひと休み中の外国人観光客

ここまでで、別スペースの1階の観覧は終了。

この空間にいると、タイムスリップした感覚に陥る。
建物内は(夏は)クーラーが効いていて、落ち着いてゆっくりと観覧できる。

あなたも一服の涼を求めて、松本民芸館を訪ねてみては?

おまけ

こインフォメーション
松本民芸館サイト
http://matsu-haku.com/mingei/

開館時間
・午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)

休館日
・毎週月曜日(休日の場合は、当日開館し翌日が休館)
・年末年始(12月29日から1月3日)

観覧料は、高校生以上が300円。中学生以下は無料。

〒390-0221 長野県松本市里山辺1313-1
TEL・FAX:0263-33-1569

アクセスは、松本バスターミナルから美ヶ原温泉行バス
「松本民芸館」下車、徒歩2分

ブログランキングに参加しています。
↓ポチッとな(^-^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

スポンサードリンク